は新着記事があります。
2020年2月27日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

新選組

1862年2月27日、将軍の警護を目的に、京都で江戸幕府が武芸にすぐれた浪士を集めた武力組織である新撰組の前身「壬生(みぶ)組」が結成されました。

初めは20人前後だった隊員数も、最盛期には約200人にまで増えたといわれています。

1864年の池田屋事件での活躍が有名で、尊攘派に大きな打撃をあたえました。

ところで、隊員の1ヶ月の手当は、局長50両、副長40両、助勤30両、平隊士10両ほど。

当時は1両2分あれば、親子5人が楽に暮らせたといいますから、かなりの高給でした。

ちなみに、「新撰組」と「新選組」、どちらが正しいかわかりますか。

実は、局長の近藤勇がどちらの字も使っていたので、「撰」でも「選」でもどちらでも間違いではないのだそうですが、屯所の看板には「新選組」と書かれていたので、そちらが優先ということになるかもしれませんね。

 

 

姫路市 住宅型有料老人ホーム セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: