は新着記事があります。
2015年8月22日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

お弁当

みなさんは「駅弁」と聞いたら何を浮かべますか。

先日、ある雑誌に天皇陛下は、新幹線にお乗りになる際は、チキン弁当を召し上がられるのをいつも楽しみにされている、という記事がありました。

お弁当の種類は色々ありますが、古くから日本人が慣れ親しんだ定番のお弁当に幕の内弁当があります。

幕の内弁当といえば、白いご飯とタマゴ焼きにカマボコ、煮豆などと一緒に焼き鮭などの魚料理が添えられている、昔から変わらない内容ですが、ところで「幕の内」とは何のことなのでしょう。

この「幕」の文字はもともと、戦場の陣営の幕を意味するものといわれています。

そこから「幕の内」とは、野戦弁当のことを意味しいたそうです。

しかし、当時は武士が短時間でお腹一杯になるのが目的でしたので、おにぎり程度のもので、お弁当になるのは庶民の文化が栄えた江戸後期のことでした。

「幕」の文字が芝居の「幕」と重なったことから、芝居見物のときにたべるお弁当として使われるようになりましたが、その当時、タマゴ焼きやカマボコ、魚料理は大変なご馳走で、幕の内弁当はそんなご馳走が詰まった夢のような弁当として親しまれてきたようです。

そして、今でもお弁当の定番として愛されている幕の内弁当、これからも私たち日本人の定番のお弁当として親しまれていくことでしょう。

8d37a754

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: