は新着記事があります。
2015年8月6日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

ヒロシマ・デー

8月のニュージーランド、街中では「Hiroshima day(ヒロシマ・デー)」という言葉をよく見聞きするようになります。

これは、広島に原爆が投下された日、つまり世界で最初に原爆が投下された86日を「ヒロシマ・デー」と呼び、まるで自国の歴史のように、さまざまなメディアで取り上げられているためなのです。

ニュージーランドと広島、どういう関係があるのか疑問に思われるかもしれませんが、ニュージーランドは「非核国家」で、核兵器も原子力発電所もなく原子力船の寄港さえ禁止しています。

そして、それは広島に投下された原爆が非核の原点となっているのです。

また、観光地で有名なクライストチャーチでは、1976年から毎年、原爆で犠牲になった広島の人々を追悼する集会が開かれています。

8月といえば南半球のニュージーランドはまだ真冬なのですが、参加者は数百人にもなります。

内容としては、反核活動家たちの演説に原爆をテーマにした詩の朗読、現地の日本人と広島から招待された小学生約20人による『上を向いて歩こう』の日本語での合唱などですが、終戦直後に広島を訪れたという90歳のニュージーランド人のお話もあり、聴衆の中からはすすり泣く声や、「ノー・モア・ヒロシマ」という声があがることもあるそうです。

日本から遠く離れたニュージーランドで、原爆で亡くなった日本人のことを想ってくれる人達がいることに、日本人として感謝の気持ちや平和の大切さを大切にしていきたいものですね。

 20010113a

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: