は新着記事があります。
2015年8月3日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

アイスコーヒー

夏によく飲まれるアイスコーヒー。

ところが、ウィーンをはじめとするオーストリアやドイツで「アイスカフェ」と頼むと、冷やしたコーヒーにこんもりと盛られたホイップクリームとワッフル、それにヴァニラアイスクリームがもれなくトッピングされて登場するそうです。

ドイツ語でアイスとはアイスクリームの意で、このパフェのようなアイスカフェ以外に冷たいコーヒーは存在しません。

イタリアやスペインには冷たいコーヒーとしてカフェ・シェケラートとカフェ・コン・イエロがありますが、これはシェーカーにエスプレッソと氷、お砂糖を入れて振ったものであったり、氷入りのグラスに熱いエスプレッソを注いだものです。

普通のコーヒーをつめたく冷やしてガムシロップを加える、いわゆる日本の「アイスコーヒー」はヨーロッパにはほとんどないそうです。

こうしてみると、コーヒーひとつをとっても国や地域ごとに日本とはまったく事情が異なるようで、こういった違いを楽しむのも海外旅行の魅力のひとつなのかもしれませんね。

ちなみに、日本では当たり前のように売られている缶コーヒー。

しかしヨーロッパでは、コーヒーとは常にフレッシュな淹れたてを飲むものなので、いつ作られたのかも不明な缶詰コーヒーはまず存在しないそうです。

特にオーストリアやドイツなどは、市民レベル・国家レベルでエコ意識が高いため、飲料の自動販売機も空港・病院・その他の大型施設などに必要最小限しか設置されていなため、余計に缶入りの飲料を目にする機会が少ないようです。

e0234034_16511648

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: