は新着記事があります。
2015年1月7日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

七草と爪切り

1月7日は、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロの七草で作った七草粥を食べて、邪気を払い万病を除くための慣習として広く知られています。

また年末年始で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあるそうですが、本日は「爪切りの日」でもありました

新年になって初めて爪を切る日となっているそうです。

七草を浸した水に爪をつけ、柔かくして切ると、その年は風邪をひかないと言われています。

七草がゆを作るついでに爪切りも一緒にいかがでしょうか。

さて、日本製の爪切りですが、海外へのお土産には人気があるそでうす。

なぜ海外のおみやげで評判が良いのかというと、第一には「切れ味」だそうで、国産や中国製はすぐに切れ味が落ちるそうでメイドインジャパンのものが人気があります。

日本のハサミや包丁なども切れ味がよいことで定評がありますから小さいものでも切るものには手を抜かない日本の工業技術が活かされているのでしょう。

そしてこれも日本らしい細かい配慮なのでしょうが、爪が飛び散らないようにカバーがついています。これは日本の爪切りの特徴でもあるらしく、一回使うと手放せないそうです。

nanakusa

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: