は新着記事があります。
2014年9月23日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

またたき

夜空の星。

都会では晴れていてもあまり星は見えないことが多いですが、田舎や山の上で見ると驚くほど沢山の星が夜空をびっしりと埋め尽くしています。

今の時期は、空気が冷たく澄んでいるためなのか一層奇麗に見えるような気がますが、その星の光を眺めていると、ユラユラとまたたいていますよね。

これはどうしてなのでしょうか。

簡単に説明しますと、これは地球の空気の影響なのです。

昼間、日光の直射を受けた地面の上を越えて見る風景がユラユラと揺れて見えたり、焚き火を通して見る物が揺れていたりするのと同じ理屈なのだとか。

空気は暖められると上昇し、冷やされると下降します。

空気の温度は一定ではありませんから、空気は常に動いていますので、地球の大気を通過してくる星の光は、その空気の動きで乱され、その結果、星は神秘的にまたたくという訳なのです。

 

姫路 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用