は新着記事があります。
2014年9月10日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

後日談

童話「ウサギとカメ」、有名な話ですので今更説明の必要はないと思います。

実はこのお話、後日談があるのですが意外と知られていないようです。

後日談のストーリーは次のようになっています。

勝負に負けたウサギは、雪辱を果たすために再び亀に勝負を挑みます。

その勝負とは「どっちが先に朝日を見つけられるか」というもの。

亀はその挑戦を受け、二人は山の中で夜明けを待ちました。

すると、ウサギは亀に言いました。

「俺はこっちの方を見るから、お前はあっちの方を見ていろ」と。

なぜウサギがそんなことを言ったのかというと、ウサギは、太陽が東から昇ってくることを知っていたからなのです。

こうしてウサギは東を向き、亀は西の方を向いて日が昇るのを待つことになりました。

いよいよ朝日が昇りはじめ、あたりは次第に明るくなってきました。

しかし、またしても亀が勝ってしまうのです。

それは、なぜでしょう。

答えはウサギと亀は山に囲まれている場所にいたため、実際の朝日が見えるまえに、西の山が太陽に照らされたのです。

それで西を向いていた亀の方がウサギよりも先に太陽を見つけたという訳なのです。

亀もなかなかの好運の持ち主ですが、「ウサギとカメ」の話には「自信過剰で思い上がり油断をすると物事を逃してしまう。また、能力が弱く、歩みが遅くとも、脇道に反れず、着実に真っ直ぐ進む事で、最終的に大きな効果を得ることができる。」というような教訓が込められています。

このウサギのようにだけはならないように日頃から気を付けたいものですね。

 

姫路 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用