は新着記事があります。
2014年9月2日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

外来種

外来種の生物といえば、ブルーギルやブラックバス、ミドリガメなど色々います。

これら外来種は、増えすぎて生態系を狂わせるとして問題にされており、色々な対策が講じられていることは皆様もご存知かと思います。

そしてブルーギルとブラックバス、日本にやってきたのはどちらも人間の手による物なのですが、ブルーギルが戦後の食糧不足対策として海外から送られたという経緯があるのに対して、ブラックバスはちょっと事情が違います。

ブラックバスはアメリカなどでも人気が高く、そこから日本でも人気が集まるようになりました。

それで、ブラックバス釣りを楽しめる場所を増やすために密かに放流されてきたのです。

その結果、30年程で日本中にブラックバスが生息することになりました。

このように、意図的にブラックバスを放流した結果、現在深刻な問題に発展しているという訳なのです。

現在、愛好家の間では釣ったら責任をもって食べるという運動が広まってきています。

これは、地道な取り組みではありますがこれが本来の日本の生態系を取り戻す第一歩として更に広まっていくといいですね。

ちなみに、琵琶湖周辺では取り組みの一環としてレストランでバス料理が食べられるそうです。

 

姫路 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用