は新着記事があります。
2014年5月6日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

レコード

最近の若い方たちにはピンと来ないかもしれませんが、A面・B面といえばレコードです。

そんなレコード、当時はカップリングとしてB面の曲を提供した場合に、レコードのメインの曲であるA面が売れることで、カップリングとなるB面の曲を作った作者にもA面の曲を作った作者と同じだけの印税が入ることがよくあったそうです。

そのため、有名な歌手のB面に自分の曲を収録してもらい、一人前になるまで印税で生活するということもあったそうです。

ただ、現在はCDが売れない時代といわれおり、便乗して印税を…というのはちょっと難しいかもしれませんね。

ちなみに、A面で稼ぐつもりでB面が売れてしまい、逆のパターンになるケースも結構あったそうで、何が売れるかわからないものですね。

 

姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用