は新着記事があります。
2014年5月12日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

ホップ

あまりビールを飲んでこなかった若い人たちの間で地ビールが流行しているそうです。

ところで、ビールというのは麦を原料としたお酒なのですが、「ホップ」という言葉がCMなどで出てきますよね。

このホップですが、いつくらいから入れられるようになったのかご存知でしょうか。

ビール5000年位前からに作られていましたが、当時、ホップは入っていなかったんだそうです。

その代わりにビールの味付けについては薬草を入れていました。

幾つもの薬草を試した結果、14世紀にホップにたどり着いたという訳なのです。

ホップがさわやかな苦味を持っているのと、薬草としてのホップビールの腐敗を防ぐというのがその理由なのだそうです。

あのビール独特の風味は保存の手段から来ていたのですね。

 

姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用