は新着記事があります。
2014年1月21日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

ダイヤモンドダスト

美しい幻想的な光景・ダイヤモンドダスト。きっと聞いたことあるでしょう。寒い冬の季節に見られる自然現象です。北海道では名寄・旭川・十勝・弟子屈町川湯温泉など内陸部で比較的よく観察されます。漢字では「細氷(さいひょう)」と書きます。

ダイヤモンドダストを見れる条件

1.とにかく低い気温であること。氷点下10度以下。

2.無風(空気が澄みきっている)こと。

3.晴れ・快晴であること。

4.明け方、朝であること。

5.視程が1km以上。

ダイヤモンドダストの仕組みは、大気中の水蒸気が冷やされて小さな氷晶となり、それがゆっくりと降る状態です。舞う雪のようですが、太陽の光に照らされてきらきら光るのが特徴です。実際は晴れなのですが、雪に分類されるため、観測記録は「雪」となります。

姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用