は新着記事があります。
2014年1月11日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

鏡開き

鏡餅とは神様と人を仲介するものであり、1年間の幸せを願う「晴れの日」に神前に捧げた餅をみんなで分け合って食べることで、神様からの祝福を受けようという信仰・文化の名残りなのです。

1月11日は鏡餅を食べる「鏡開き」の日です。 今年1年の健康や幸せを祈って家族みんなでお餅を食べましょう!

鏡開きは、旧年の無事を神様に感謝しながら、神様に供えた鏡餅をお下がりとしていただく儀式です。餅を食べる者には、力を授けられるといわれています。もともとは武家の間で行なわれていた習慣でしたが、その後、縁起を大切にする商人の間に広がり、一般化したといわれています。 つまり、飾るだけでなく食べてこそ、鏡餅の意味があるということです。

供えた餅を下げる日は、各地方によって違いがありますが、現在は1月11日が一般的になっています。鏡開きの日には、鏡餅を割り、雑煮や汁粉などを作って食べます

姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用