は新着記事があります。
2014年1月10日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

飲みすぎ注意

フランスの小説家であるサガンさん、こんな名言を残されています。

「私は人生を忘れるために酒を飲んだことは一度もありません。逆に人生を加速させるためなのです。ただ加速しすぎると、カーブを曲がり損ねます。」

お酒を飲み過ぎると酔って意識が朦朧となるのは、皆様ご存知と思います。

でも、どうして酔っ払うのでしょう。

お酒を飲むとアルコールは胃腸から吸収されて血液中に取り込まれ、肝臓で処理されます。

ところが、処理可能能力以上の飲酒をすると処理しきれなかったアルコールは血中にたまり全身に送られます。

脳も例外ではなく、アルコールは脳にも送られるのですが、脳には「血液脳関門」と呼ばれる異物を防ぐ防御システムがあります。

それが、血液によって運ばれた有害な物質が脳に入りこむのを防いでいます。

ところが、アルコールはその関門を通過し、脳に入り込んでしまう性質があるのです。

脳の関門を通過したアルコールは神経細胞に達し、神経細胞同士の情報のやり取りを妨害してしまい、酔ってしまうというわけです。

お酒を楽しむ時は、カーブを曲がり損ねないように気をつけたいものですね。

姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用