は新着記事があります。
2013年10月31日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

イレズミコンニャクアジ

イレズミコンニャクアジ、一体これは何でしょう。

魚好きの方はご存じかもしれませんが、実は魚の名前なのです。

この魚は、北太平洋に広く分布しており、大きいものでは2メートルほどになるそうで、水深1000mのところに住んでいます。

体はコンニャクのように柔らかいのですが、柔らかすぎて逆に食用にはならないようです。

イレズミという名前がついていますが、幼魚のときには、まるで刺青が入っているかのような模様をしているので、このような名前になりました。

刺青のような模様といっても茶色をした筋のような模様があちこちにある程度です。

平成12年6月に岩手県広田湾周辺で捕獲されましたが、日本でも約10個体ほどしか標本がない珍しい魚だそうです。

姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用