は新着記事があります。
2013年10月30日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

缶ジュース

缶ジュースの口は左右非対称

缶ジュースの開け口をよく見てみましょう

缶ジュースの開け口

今現在、主流となっている缶ジュースなどのイージーオープン開封機構は、缶の上蓋に切り込み  ( スコア ) が施され、タブを上げるとスコアが切れ飲み口が開きます。
「 ステイオンタブ 」 ( stay-on tab ) という方式の開封機構です。

参考

  • 昔のプルトップでの開封は、プルタブが缶本体から離れてしまうので、人間の不注意によって希少動物に危害を加えたり、環境問題、社会問題の一因にもなっていたので、1990年初頭からステイオンタブ方式へと切り替わりました。

“ てこの原理 ” を利用

力点であるタブを起こすことで、支点であるリベットを介し、 作用点であるタブの先端が、スコアの開口部を缶の中に押し込みます。

スコアをよく見てみると

スコアを見てみますと、左右非対称で歪な曲線であることが解ります。

ポイント

  • スコアが左右対称ならば、均等に力が掛かってしまい、開け難くなるか、一挙に開いてしまうかで不都合が生じ、危険性が伴います。
  • 非対称ならば、力を分散させずに特定の部分から切れはじめ、時計回りに溝が切れていくなどのことが可能となり、ゆっくりと確実に開けることができます。

缶を製造しているメーカーや缶の素材 ( スチール、アルミ ) などにより曲線の左右非対称の度合いが異なります。

一度見てください。

姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用