は新着記事があります。
2013年10月12日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

頭髪

食事は健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。

専門家によれば、つやのある髪の毛と健康な頭皮を維持するには、タンパク質、ビタミン A、亜鉛、鉄、オメガ3脂肪酸、カルシウムの摂取が重要なのだとか。

アメリカのTop Ten of City が発表している「Top 10 Foods for Healthy Hairs」のランキングによれば髪の毛に良い食品トップ10は次の通りです。

1位 卵

2位 ナッツ

3位 牡蠣

4位 緑黄色の葉野菜

5位 鳥肉

6位 豆類

7位 鮭

8位 乳製品

9位 人参

10位 ホールグレイン(全粒穀物)

ここでは上位3位の食品について説明します。

1位となった卵には、髪の毛を健康に保つために必要な4つのミネラル、セレニウム、鉄、亜鉛、硫黄が含まれており、タンパク質やビオチンもたっぷりと含まれています。

ビオチンとは、髪の毛の成長を促し、頭皮全体を健康に保つ、ビタミン B 群に分類されるビタミンの一種。

欠乏すると、脆弱毛を引き起こすそうです。

鉄分は、毛根細胞に酸素を供給するために必要で、欠乏すると脱毛の原因に。

2位のナッツは、種類によって含まれる栄養素が異なります。

クルミは、オメガ3脂肪酸に富み、髪の毛の自然なコンディショナーとして機能します。

カシューナッツ、アーモンド、ピーカンナッツは亜鉛を多く含み、脱毛を防ぐと言われています。

3位の牡蠣は亜鉛を多く含み、髪質の向上に効果があると言われています。

脱毛を防ぐ効果がある他、白髪化を防いだり、頭皮の乾燥を予防したりといった効果があります。

ちなみに、海藻といえば髪に良いといわれていますが残念ながらランク外です。

海藻に含まれているミネラル成分等は「髪の質」を高めることに限定された効果であって、育毛促進の効果を期待できるものではないということです。

姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用