は新着記事があります。
2013年7月27日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

おはぎ

「おはぎ」は季節によって名前が変わる!って、ご存知でしたか?

春夏秋冬、それぞれでの呼び方があるそうです。

春 : 牡丹餅(ぼたもち)

牡丹の花が咲く季節、すなわち春の彼岸に、神仏や先祖への供物とされた小豆餡の様子を、牡丹の花に見立てたことから。
  • 夏 : 夜船(やせん)
おはぎは餅と作り方が異なるため、「ペッタン、ペッタン」のような音を出さずに作ることが出来る。従って、隣に住む人には、いつ、ついていたわからない「つき知らず」→「着き知らず」と言葉遊びをして、夜は暗くて船がいつ着いたのかわからないことから。 
  • 秋 : 御萩(おはぎ)
牡丹餅(ぼたもち)と同じく、小豆餡の様子を秋の彼岸の時期に咲く萩の花に見立てたことから。 
  • 冬 : 北窓(きたまど)
夜船と同じように、「つき知らず」→「月知らず」と言葉遊びをして、月を知らない、つまり月が見えないのは北側の窓だ、ということから
春の牡丹餅(ぼたもち)、秋の御萩(おはぎ)の呼び方は知られていますが、夏・冬にも呼び方があることは、あまり知られていないようです。
また、ぼたもちとおはぎの区別については、季節での呼び分けの他に、以下のように区別している地方もあります。
〇 小豆あんをまぶしたものをぼたもち、黄粉を用いたものをおはぎ
〇 こしあんを使ったものをぼたもち、つぶあんや煮た小豆そのままを使ったものをお  
  はぎ
姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用