は新着記事があります。
2013年7月24日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

とは、複数色のの帯である。

太陽が大気中の滴に当たって屈折する事で、普段色々なが混ざり合って無色透明となっている状態の太陽分解され、眼でも確認できるようになると共に複数の色に映って見えるようになる。 太陽にはもともと多くの種類のが入っており(赤外線外線等など)、それらが滴に当たって屈折する事で先述のような現が起こるのである。 そのため、雨上がり太陽に昇っていると、上の細かい滴にが反射してアーチを描いて見える事がある。晴れた日に太陽バックにホースや如露でを撒くと中のを通してが見えるのはこのためで、ナイアガラなどの大きなでは候によってはの周囲に大きくがかかる場合もあります。

また、は基本的に七色と言われるが()、実は色=七色というのは世界共通の定義ではなく、地域や時代によって内容が違ったりする。例えばスウェーデンでは六色であると言われる()ほか、によっては単純に明・暗で分けられたりもする。

他には、山頂や上にてブロッケンによって円形のが見える事があり、また間には月の光が見えるというケースもある()。太陽と違いが弱いので基本的に白色にしか見えないが、原理は間に見えると同じだそうです。

姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用