は新着記事があります。
2013年7月16日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

熱中症を予防する食べ物

熱中症にならない為には、炎天下での作業時間・運動時間を気をつけることや、水分をこまめに摂取することなどが大切です。

しかし、睡眠不足や栄養不足の状態では、どれだけ気を付けていても熱中症になりやすい体になってしまいます。

日ごろから熱中症になりにくい体にするために、熱中症を予防する食べ物を意識して摂取するようにしたいですね。

そこで今回は熱中症の予防になる食べ物を紹介します。

①カリウムを摂取しよう

汗をかくと塩分と同時にカリウムも排出されます。

カリウムは細胞内液に多く含まれており、カリウムが不足することで細胞内が脱水症状を引き起こし、熱中症を発症した際に重要臓器の機能障害にもつながり、熱中症の回復に大きな打撃を与えます。

また、カリウムには筋肉の収縮を助ける働きがあり、日常的にカリウムを摂取することによって、熱中症にかかった時の回復力の手助けとなりますので、積極的に毎日の食事でカリウムを摂取するようにしたいですね。

【カリウムを多く含む食品】

小豆・そら豆・海苔・ヒジキ・ほうれん草・ジャガイモ・サトイモ・落花生・松の実・バナナ

②ビタミンB1を摂取しよう

ビタミンB1が不足すると、糖質を分解することが出来ず、疲労物質が溜まり、体が疲れやすくなり、食欲不振や倦怠感、手足のしびれやむくみなどの症状が出ます。

【ビタミンB1を多く含む商品】

ブタ肉・ハム・焼きブタ・ウナギ・グリーンピース・海苔・乾燥大豆など

③クエン酸を摂取しよう

クエン酸は、梅干やレモンなどに多く含まれており、疲労の原因となる乳酸の発生を抑制し、疲労回復に優れた効果を発揮します。

【クエン酸を多く含む食品】

梅干・レモン・グレープフルーツ・オレンジ・食酢・黒酢など

しっかりとバランスと取れた食事と睡眠で、熱中症を予防しこの夏を乗りきりましょう。

姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用