は新着記事があります。
2020年3月6日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

世界一周旅行

海外旅行、なかでも「世界一周旅行」といえば、他の旅行とは違う特別な響きがあり、一度はそんな旅行をしてみたい、そう思われる方もいらっしゃるかと思います。

そんな世界一周をする旅が、日本にもかつては存在しました。

1967年3月6日に開業した日本航空の「世界一周路線」です。

それまで日本は日米航空協定により、 世界一周路線がもてませんでしたがこの日の羽田発西回りの便の開設により、アメリカ、イギリス、オーストラリアとともに世界一周線クラブのメンバーになりました。

世界一周旅行というのは、単一の航空会社で世界を一周する路線を結ぶことで、同じ飛行機で一周するわけではないそうです。

しかし、採算の面や旅客機確保の点などから存続は難しくこの世界一周線はわずか5年で終わりを告げました。

ちなみに当時の路線は、東京→ホノルル→サンフランシスコ→ニューヨーク→ロンドン→パリ→ローマ→カイロ→テヘラン→ニューデリー→バンコック→ホンコン→東京だったそうです。

現在、世界一周路線はありませんが、20か国から40か国を半年から2年かけてまわる世界一周旅行の場合で、300万円くらいになるそうです。

 

姫路市 住宅型有料老人ホーム セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: