は新着記事があります。
2019年12月31日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

年越しそば

12月31日の大晦日に食べる年越しそば。

しかし、一年の最後の日に食べるそばを年越しそばと呼ぶようになったのは、近年になってからといわれています。

少なくとも江戸時代の後期までは、大晦日ではなく節分に食べるそばを年越しと呼んでいました。

江戸時代の史料で、大晦日に食べるそばを年越しそばと呼んでいるものは、今のところ見つかっていません。

節分とは、季節の変わり目のことで、立春・立夏・立秋・立冬の前日をさし、1年に4回の節分があります。

とくに立春の節分は、ヒイラギの小枝にイワシの頭を刺して戸口に立て、炒り豆をまいて悪疫退散・招福を願う風習が昔からあります。

これは、7世紀末に中国から伝わった宮中の年末の行事が、江戸時代頃から民間に広まり、立春の前日におこなうようになったようです。

立春の節分は大寒の最終日、つまり冬から春への節目の日となり江戸時代には、大晦日ではなく節分を立春が年の改まる日という意味で、本当の年越しという考え方がありました。

そのため、節分に食べるそばを年越しそばと呼ぶようになったといわれています。

12-31recipi

姫路市 住宅型有料老人ホーム セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ:
,,,,,,