は新着記事があります。
2013年7月6日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

紫外線

紫外線とは

 太陽からの日射は、波長により、赤外線、可視光線および紫外線に分けられます。可視光線よりも波長の短いものが紫外線です。紫外線(UV)の中でも、波長の長いほうからA・B・C と大別されています。フロン等によりオゾン層が破壊されると、地上において生物に有害な紫外線(UV-B)が増加し、生物への悪影響が増大することが懸念されます。

■肌の奥まで届くUVA

一方、UVAは、UVBほど肌に急激な変化を与えません。紫外線に当たってすぐに肌が黒くなる日焼け(サンタン)を引き起こすことがすぐに目に見える変化といえます。 一見、UVBよりも肌への影響は少ないように見えますが、近年の研究で、このUVAがシミやしわの発生に大きく関わっていることがわかってきました

■肌を赤くするUVB

長時間の日光浴で肌が真っ赤に焼けたり、水膨れができたり…。このように肌が赤くなる日焼け(サンバーン)の主な原因となるのがUVB(紫外線B波)です。 UVBはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、皮膚ガンやシミの原因になります。

紫外線が最も強くなるこれからの季節、予防をしないとメラニンによって皮膚が黒くなるだけでなく、疲労も起こしてしまいます。 紫外線やストレスがかかると、体はこれに対抗するため、ステロイドホルモンなどの合成とともに血液中のブドウ糖を増やすなどしてエネルギー代謝を活発にします。このため、ホルモン合成に必要なパントテン酸(ビタミンB群の一つ)や、ブドウ糖の代謝に必要なビタミンB1などのビタミンが必要になってきます。 海や山へ行き、日光に長時間当たって「疲れたな」と思ったら、ビタミンB1などビタミンB群の補給も考えるとよいでしょう。

 

姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用