は新着記事があります。
2018年12月13日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

正月事始め

12月13日は、正月事始めの最初の行事にあたる「すす払い」が行われます。

正月事始めとは、新しく迎える正月に新しい年神様を迎えるための諸準備を始める最初の日で、この日より大晦日までの31日までに正月の準備を順次すすめていきます。

昔はどこの家にもかまどや囲炉裏があったことから、一年間に溜まったすすを取り除き家の内外を大掃除するもので、すす掃き・すす納めの行事とも言われました。

すす払いを終えた後は、障子や襖の貼り替えなども行われていました。

現在でも正月を迎える前の年末の大掃除として行われ、多くの寺院や神社などでもこの日にすす払いの行事が行われています。

古くはすす払いが終わったら、「松迎え」といって雑煮を炊くための薪や門松に使う松を山に取りに行く習慣があり、新年の年男が新年の恵方の方向にある山に出かけました。

その他にも、もちつき・門松や松飾り作り・鏡餅飾り・おせち料理作り・雑煮の用意などが各家で作られ準備されていました。

現在ではいずれも作られたものを購入することが多くなってきているので、一般家庭では正月事始めの日が重要視されなくなってきているものの、花柳界や芸能関係などでは正月事始めの行事として今でも残っているそうです。

img_1

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ:
,,,