は新着記事があります。
2018年11月29日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

便秘

便秘といえば、女性や高齢者の方に多くみられます。

毎日食事をする訳ですから、毎日排便があるのが理想なのですが、なかなかそういかないのが悩みの種。

では、実際どのくらい排便をせずにいられるのでしょうか。

まず、便の入れ場所となる大腸は、直径が68センチで全長が1.5メートルあるホース状の臓器です。

この中に入る便は、1リットルのペットボトル56本になるそうです。

相当な量がためこめる訳ですが、本来、便は有毒物質であり、早く体外に出したほうが良いのです。

しかし、「何週間も出ない」という人は決してすくなくありません。

食物の栄養は主に小腸で血中に吸収され、水分やミネラルが大腸で吸収されます。

便がちゃんと排泄されないと、小腸や大腸が詰まり、不必要な成分まで血中に入り込んでしまうことになります。

その結果、便として排泄されるべきものが出口を求めて、皮膚から出てくることになるそうです。

たとえば、ニンニクを食べた後は、汗などがニンニク臭くなることがあるように、それと同じで排泄物が汗として出ることになり、強い体臭を出すようになるというのです。

その他に、発熱や嘔吐など様々な症状が出てきます。

ちなみに、便秘の定義は「3日以上便が出ない」ことを一般的に指します。

ただ、その数字に明確な根拠はなく、3日で体調を崩すという訳ではないそうです。

しかし、健康のめに早めに便秘を解消するのが一番いいことに変わりありません。

便秘気味の方は早めの改善を心がけるようにしてください。

pt01 

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ:
,,,