は新着記事があります。
2018年11月20日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

骨髄バンク

骨髄バンク、白血病をはじめとする血液疾患などのため「骨髄移植」などが必要な患者さんと、それを提供するドナーをつなぐ公的事業です。

しかし移植には、数万通りもあるという白血球の型が互いに適合することが必要で、その確率は兄弟姉妹の間でも4分の1、血の繋がっていない他人になると数百~数万分の1と非常に低くなります。

そのため、移植を希望するすべての患者さんがチャンスを得るためには、一人でも多くの方のドナー登録への協力が必要になるという訳なのです。

日本では、毎年約1万人以上の方が白血病などの血液疾患を発症していると言われています。

そのうち骨髄バンクを介する移植を必要とする患者さんは毎年2千人程度います。

現在、骨髄バンクのドナー登録者数は約44万人と年々増加傾向にあります。

これまで1万5千件以上の骨髄移植・末梢血幹細胞移植が行われましたが、ドナー候補者の健康状態などによっては骨髄液などの提供ができない場合もあるため、適合するドナー候補者が見つかったとしても移植を受けられない患者さんがいるというのが実情です。

ドナー登録には、健康状態など条件がいくつかありますが、患者さんが移植のチャンスを少しでも得られるよう私たちも協力していきたいものですね。

logo

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ:
,,,