は新着記事があります。
2013年6月24日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

ドレミ

本日6月24日はドレミの日です。

皆様はサウンド・オブ・ミュージックというミュージカルをご存知でしょうか。

この作品の中には、ドレミの歌やエーデルワイスなどの有名な曲がたくさん登場してきます。

ちなみに、ドレミの歌は、音階を覚えるための歌として使用されていましたが、実は1024年のこの日、イタリアの僧侶ギドー・ダレッツォがドレミの音階を定めたのが始まりです。

この日に開かれる「洗礼者ヨハネの祭」に、ギドーが合唱隊に「聖ヨハネ賛歌」を指導した際、その曲の各小節の最初の音に相当する歌詞「ウト・レ・ミ・ファ・ソレ」で発声練習をさせたのがドレミの音階の始まりで、やがてウトがドになり、シが新たに加えられて現在のような形になったということです。

この日以前は音階というものが無く、音階が無ければ楽譜も無いわけですから、当時は唄は口伝えで引き繋がれていましたが、これによってそれまで音階名など無く、歌うのに不便さを感じていた知らない歌の旋律を歌えるようになったそうです。

グィードはこの他にも今の5線符のもとになる4線符を作ったり「グイドの手」と呼ばれる各指の関節毎に音名を当ててそこをさすことで歌を歌える視唱法を開発しています。

昔の人のそんな努力と発想によって今の多くの発明や文化があるわけですが、本当にすご事ですね。

姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用