は新着記事があります。
2018年1月11日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

鏡開き

お正月に神様にお供えした鏡餅。

その鏡餅を、旧年の無事を神様に感謝しながら、神様に供えた鏡餅をお下がりとしていただく鏡開き。

これは鏡餅を食べると、神様の力を授けられるという言い伝えからはじまっています。

もともとは武家の間でおこなわれていた習慣でしたが、その後、縁起を大切にする商人の間に広がり、やがて全国に広まったそうです。

鏡餅の意味は、単にお正月に飾るだけでなく、鏡開をして食べることに本当の意味があるのかもしれません。

なお、鏡開は地方によって違いがありますが、現在は1月11日が一般的になっています。

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ:
,,,