は新着記事があります。
2017年12月16日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

抗菌

エスカレーターの手すりや電車の吊革、公衆トイレなど「抗菌」と書かれたシールが当たり前となっています。

ノロウイルスやインフルエンザへの意識の高まりもありますが、抗菌マークが人の触れるところによく貼られるようになったのには、もう一つの理由があるそうです。

例えば、エスカレーターでの転倒、予防するには手すりにつかまることが一番の対策だといいます。

しかし、手すりが汚い、手すりにはつかまりたくない、という声も少なくなくありません。

そこで、衛生面を気にせず安心して手すりをもってもらうため「抗菌」という表示をするようなったという訳なのです。

また、駅やショッピングセンターなど、清掃員をよく見かけるようにもなりましたが、これも衛生面をアピールし安心して利用してもらうためだそうです。

その場所によって違いはあるでしょうが、清掃そのものは、抗菌マークが貼られる以前からきちんとされています。

ですから、マークがあるからといって以前より清潔度が高くなったという訳でなく、「清潔であることを表示した」という感じでしょうか。

潔癖症の人は、手すりや吊革につかまれないことが多いそうですが、抗菌の文字によって事故防止にもなるのです。

マークは目立つように貼られていることが多いので、見た目はあまり良くありませんが、事故防止を考えると有効な手段といえるようです。

 pictogram847antibacterial

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ:
,,,