は新着記事があります。
2017年10月26日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

コーヒー

温かいコーヒーが美味しい季節になってきました。

国内におけるコーヒーの消費量は1年を通じて、他の飲み物より多いといわれています。

そして、コーヒー業界では、毎年10月からが「コーヒー年度」になるそうです。

これは、コーヒー豆の生産地№1であるブラジルが9月に豆の収穫が終了するからというのがその理由です。

また、この時期からコーヒーの消費が増えることも理由の一つとしてあり、1983年から毎年10月1日を「コーヒーの日」としており、認知度を向上させるべく毎年ユニークな新聞広告を出しています。

更に、コーヒーの消費が最も落ち込むのは8月の一番暑い時期でもあります。

アイスコーヒーの消費量は増えますがそれ以上にホットの消費が落ち込むそうで、それを寒くなってくる時期に取り戻そうという理由もあるようです。

ちなみに、コーヒーの淹れ方には色々な方法があり、コーヒーショップのこだわりもありますが、「自分が好きなように飲むのが一番」とのことなので、細かいことは気にせずにコーヒーを楽しんで下さい。

 

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: