は新着記事があります。
2017年9月17日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

秋の味覚のひとつとしてお馴染みの梨、水分を80%以上含んでおりシャリシャリとした独特の食感が特徴となっています。

私たち日本人との関わりは古く、弥生時代にはすでに梨を当時の人たちが口にしていたことが分かっています。

そんな梨には、果糖・リンゴ酸・アスパラギン酸・クエン酸など複数の酸が豊富に含まれています。

これらの酸は、体内の疲労物質の代謝を高め、疲労回復に効果があるといわれています。

季節の変わり目であるこの時期、体調が乱れがちな方には最適ではないでしょうか。

また、ペントザンという成分は、独特のザラザラとした食感の元になっていますが、これが整腸作用や脂肪分解作用、肌荒れの予防に効くといわれています。

カリウムも豊富に含まれており、体内の塩分を排出し体のむくみを取り除いてくれます。

その他にも、熱を下げたり咳を鎮める作用もあるので、風邪気味の方にもお勧めできます。

ちなみに、梨に含まれるソルビトールという成分は、強い甘みを持っており、加工食品に甘みを加える際に利用されています。

nasi

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: