は新着記事があります。
2017年6月30日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

ハッカ

ペパーミント、お菓子やデザートで使用しますが、かつて北海道はハッカ生産量の世界の70%を誇っていました。

生産は明治35年頃からはじまり、明治40年代になると、全国の85%以上を生産するようになります。

やがて海外にも輸出されるまでになりましたが、これには北海道の屯田兵制度が関係していたそうです。

ハッカは、北海道に入植した屯田兵たちによって東北から伝えられ、屯田兵制度廃止後も残った人たちの中には、「ハッカ栽培に賭けてみよう!」と栽培を続け、やがては、世界一の生産量を誇るようになったという訳です。

ちなみに、ペパーミントには、鎮静効果や胃の調子が悪い時に消化を助けてくれたり、腹痛や胸焼け胃痙攣を和らげてくれる効果があります。

その他にも抗菌効果や不眠の解消など様々な効果がある万能薬ともいえるハーブだそうです。

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: