は新着記事があります。
2017年6月12日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

旅行

1961年、世界初の宇宙飛行をおこなったガガーリン。

彼の「地球は青かった」という名言は、誰しも一度は耳にされたことがあるかと思います。

当時は、宇宙に行くというのは一般の人にとっては夢のような話でしたが、最近では

大手旅行会社などが、成層圏へのツアーを販売しています。

成層圏は、1902年にフランスの気象学者ティスラン・ド・ボールによって発見されました。

私たちが生活している地上から10kmくらいまでは対流圏とよばれる空気の層で、それよりもっと上の地上から10km50kmが成層圏とよばれる空気の層です。

いうなれば「宇宙への入り口」といったところで、これより上空は中間層・熱圏・外気圏となっており、外気圏には人工衛星が飛んでいます。

成層圏にはオゾン層もあり、オゾンホールによる環境への影響が心配されていますが、近年の研究では、フロンガスの規制などによって徐々にオゾンホールが小さくなってきているといわれています。

さて、旅行の参加資格ですが、18歳以上の健康な方で、代金は成層圏体験にロシア観光が付いて1人350万円程度となっているそうです。

決して安い金額ではありませんが、ガガーリンが人類で最初に「青い」とため息を漏らした美しさを自分の目で体験できるというのは魅力的ではないでしょうか。

また、飛行機が安定飛行に入ったときの高度が、大体成層圏の下部ですから、それほど時間がかからず、なおかつ成層圏は常に晴れているので、天候に左右されず青い地球が眺められそうです。

ちなみに、ガガーリンの名言には続きがあり、「しかし、どこを見回しても神はいなかった」という言葉がそれなのですが、世界的にはこちらの言葉の方が有名なのだそうです。

 117597ft

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: