は新着記事があります。
2017年4月11日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

鹿せんべい

奈良、学校の遠足や旅行などで一度は行かれたことがあるのではないでしょうか。

東大寺の大仏が有名ですが、鹿に「鹿せんべい」をあげるのも定番ですね。

さて、この鹿せんべい、私たち人間が食べても大丈夫なの?と思ったことはありませんか。

鹿せんべいは、炭酸せんべいのような香りで食べてみても大丈夫なようですが、材料は「米ぬか」でできているので食べても害はないそうです。

食感は、炭酸せんべいに似た風味でほのかに甘みがありますが、噛んでいると少し苦みが出て口に米ぬかが残ります。

また、江戸時代の1670年代には、売られていたという歴史のあるものです。

食品衛生法でみると鹿の食べるものは対象外になるので、食べても私たちの体に害はないようですが、衛生面などを考えると口にしないのが賢明なのではないでしょうか。

ちなみに、欲しいという声があるにもかかわらず、人が食べても大丈夫な「人間用の鹿せんべい」というものは無いそうです。

もし商品化すると奈良のお土産の定番商品として人気になるかもしれませんね。

oyako_shika

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: