は新着記事があります。
2013年6月16日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

和菓子

本日6月16日といえば父の日ですが、和菓子の日でもあります。

和菓子の日は最近できた語呂合わせとかではなく意外と歴史があります。

西暦848年(承和15年・嘉祥元年)の夏に仁明天皇が御神託に基づいて、6月16日に16の

数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥」と改元した

という古事に由来しています。「嘉祥」とは文字通り「めでたいしるし」であり鎌倉時代には、

のちの後嵯峨天皇が6月16日に通貨16枚で御供えの菓子などを求めて献じそれを吉例とし、

皇位継承の後もこのことが続けられました。

この嘉祥の義が宮中や武家の間で盛大に行われ、民間にも浸透し「嘉祥喰」という名で

健康招福を願う行事として歴史の中で受け継がれ、明治時代まで盛んに行われていました。

この『嘉祥の日』を現代に復活させたのが「和菓子の日」という訳です。

さて、和菓子と洋菓子の違いとはなんでしょう?

あんこを使っているのは和菓子で、クリームを使っているのは洋菓子。

セカンドライフ飾西の入居者様にお話をお伺いしたところ、上記のようなお答えとなりました

が、皆様はどう思われますか?

実は、この「和菓子」「洋菓子」という言葉は明治以降に使われ始めたそうです。

当時は、開国により外国から新しいお菓子が入ってくる様になりましたが、新しく入ってきた物

を「洋菓子」、初めから日本にあった物を「和菓子」と分けて呼ぶようになりました。中国から

の御饅頭や羊羹、ポルトガルからのカステラ等も外国から伝えられたものですが、この時点で

すでに日本国内で定着していたので和菓子と分類される事になったそうです。

夏になると涼しげな和菓子が店先に並びますが、皆様も父の日はご家族で暑気払いに和菓子

でも如何でしょうか。

姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用