は新着記事があります。
2017年3月28日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

小春日和

小春日和、「小春」とついているぐらいなので「春」と思われがちですが、実は「晩秋から初冬」にかけての事をこう呼びます。

秋の終わりや、冬の初めに訪れる、「春のような陽気の空模様」の事を、「小春日和」と呼んでおり、元々は旧暦の10月頃の事を、「小春」と呼んでいました。

現在の暦と旧暦は2ヶ月ぐらいずれているのですが、「小春」が1ヶ月しかずれていないのは、おそらく「頃」と言う微妙なニュアンスを用いているためのようです。

そして、「日和」とは、天候や、空模様の事を意味しています。

ちなみに、小春日和な日の事や、その日差しの事を「小春日」、小春日和な空の事を「小春空」、小春日和が多い時期の事を「小春」、そして小春の時の静かな海の事を「小春凪」といいますが、もちろん全て晩秋のとある日の事を指しています。

gashi_haru

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: