は新着記事があります。
2017年3月12日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

ペット

2011年3月11日、東日本大震災が発生しました。

6年が経過した現在、復興が進むその一方で、被災地に取り残されているペットもいます。

アレルギーや衛生面などの問題もあり、仮設住宅や避難所に一緒に行くことが出来なかったペットたち、その数は600匹以上ともいわれています。

仮設住宅でペットの飼育に許可が出ている場合でも、周囲の被災者との関係などもあり、一緒に生活する事が難しかったり、自治体自体がペットの扱いについて決めかねているケースも少なくないそうです。

そんな中、ボランティアの方達が、残されたペットのためにエサやりに通うなど奮闘してくれており、そのおかげで元気に被災地で暮らしているペットも多くいいます。

中には、「野良」化したペットもいますが、鎖をとかれて自由になっても飼い主を被災地で待ち続ける犬もいるそうです。

今すぐ、という訳にはいかないですが、家族同然のペットが以前のように一緒に暮らせる環境が整うように願うばかりです。

なにわともあれ、ボランティアの方々、ありがとうございます。

pet_dog_boy

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: