は新着記事があります。
2017年3月4日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

高校野球

もうすぐ春の高校野球が始まります。

楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

そんな高校野球ですが、1974年3月4日、高野連が公式試合での金属バット使用を許可しました。

これにより、高校野球で金属バットが使用されるようになり現在に至っています。

また、木製バットは、耐久性の問題や打ち方次第で折れることもあるため、経済的負担という意味で金属バットの使用を許可したという一面もありました。

さて、プロ野球などでは木製バッドの使用のみ許可されていますが、これは金属バットが木製バットに比べて飛距離が出やすいからといわれています。

バットにはミートスポットと呼ばれる、そこに球が当たるとよく飛ぶ場所があります。

金属バットは、木製バットに比べてそれが約3倍あり、当然より遠くに球を飛ばしやすくなっています。

それに対して、木製バットは本当に実力のあるバッターでないと遠くまで球を飛ばすことができないです。

ちなみに、投手への安全面などの理由から、学生野球で木製バットを使用する動きがアメリカであるそうです。

もしかしたら日本の高校野球でも木製バット再び使用される日が来るかもしれませんね。

241c46c3ca5e28fa36c34cadbe947dad

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: