は新着記事があります。
2013年6月13日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

はやぶさ

本日6月13日ははやぶさの日です。

覚えていらっしゃる方も多いかと思いますが、2010年のこの日に小惑星探査機「はやぶさ」が

宇宙空間60億キロ、7年間の歳月をかけたミッションを成し遂げ、地球に奇跡的な帰還を果た

しましたが、世界初のサンプルリターンやイオンエンジンの長時間運行をはじめとする数々の

科学的偉業を成し遂げた、はやぶさの開発・運用に携わった人々の「あきらめない心・努力

する心」を全国の々に伝え続けていく事を目的として銀河連邦が制定しました。

セカンドライフ飾西の入居者様の中にも当時テレビで観て覚えている方がおられました。

難しい事はよく分からないけど立派な事やねと、お話になられていましたが、あれから3年たっ

ている事に、ついこないだの事やと思ったと一番驚いておられました。確かに当時はよくテレビ

等で報じられていましたので、つい先日のことの様によく覚えておられるのでしょうね。

ところでこの銀河連邦、SF好きの興味を引く様なネーミングですが、これは一体どの様な組織

なのでしょうか?

銀河連邦とは、JAXA相模原キャンパスがある相模原市の呼び掛けにより1987年に提携され

友好都市関係の事だそうです。阪神・淡路大震災の翌年1996年には「銀河連邦を構成する

市町の災害時における相互応援に関する協定」を締結し、東日本大震災の際には連邦加盟

の自治体からいち早く救援隊が現地にはいるといった防災面でも成果も上げています。

この友好都市関係は、とある東北の村が突如日本から独立するという井上ひさし氏の小説

『吉里吉里人』がヒットしたことに由来しており、80年代に地域活性化の目的で友好都市関係

が各地で結ばれ、ちょっとしたミニ共和国となりました。90年代になるとブームは失速していき

ますが、銀河連邦は1987年に誕生し今も積極的に首脳サミットや市民会議、スポーツ交流、

経済交流、児童の交換留学、物産販売等の活動を続けています。

もしかしたら皆様がお住まいの地域も銀河連邦に加盟されているかもしれませんね。

 はやぶさが最後に撮影した地球の画像です。                                                                    

銀河連邦は全国6都市が加盟しています。                                                         

姫路 高齢者対応賃貸住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用