は新着記事があります。
2016年9月18日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

リンドウ

明日は敬老の日ですが、花を贈る場合はリンドウが選ばれることが多いそうです。

リンドウは、紫色で秋に咲く花として知られています。

昔は田んぼのあぜ道や堤防などに自生しているのをよく見かけましたが、最近では定期的に草刈りをしているためか、目にする機会があまりありません。

リンドウの根は漢方にも使われており、そこから健康と長寿を、ということで敬老の日の贈り物に選ばれるようになったといわれています。

また、聖徳太子の時代に、冠位十二階という朝廷に使える人の階級を表す制度がありましたが、この冠位十二階では位によって色が異なりました。

そして、最上位の色は紫色でリンドウの色と一緒ということも、この花が選ばれる理由の一つとなっているそうです。

なお、その当時、お年寄りや体の不自由な方を救うため、現在でいうところの老人ホームがすでにあったという記録もあり、当時から形は違えど、「敬老」の気持ちは私たち日本人の根底にあったのではないでしょうか。

現在は、敬老の日という形でその気持ちを表していますが、敬老の日だけでなく普段からその気持ちを行動に表せるようになりたいものですね。

 4240b

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: