は新着記事があります。
2016年9月12日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

リンゴ

果物は、皮に一番栄養があるとよく言われます。

リンゴもその一つで、丸ごとかじって食べるのが一番栄養がとれます。

でも、皮ごとジュースにしていまうのは良くないそうです。

これは、ジュースにすることで糖分が吸収されやすくなり、 血糖がすぐに上がってしまうからなのだとか。

また、リンゴは朝に食べると良いそうです。

これは1日働くために必要な、果糖・ビタミン・ミネラルなどが豊富に含まれているので、朝の体と脳に最適という訳なのです。

ちなみに、リンゴには、フラボノイドの一種「ケルセチン」が多く含まれています。

ケルセチンは、体の免疫力を上げるとともに、花粉症・副鼻腔炎・ 気管支喘息・アレルギーなどの症状の軽減にも効果があるといわれています。

姫路 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: