は新着記事があります。
2016年8月27日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

3776メートル

富士山、その高さは3776メートルでご存知の方も多いのではないでしょうか。

しかし、この3776メートルという高さが正しいのかはっきり分かっていないそうです。

現代の測量技術を使って測定しているのでそれほど大きなズレはないのですが、測量というのはそれほど難しいものなのだとか。

過去の富士山の測量結果は1727年に3886メートルと測量され、1803年に3927.7メートルと日本人の役人によって測定されている。

その後1860年にイギリス人公使によって4309.8メートルという測量結果が出ていますが、1880年に東京大学の教授らによって3778メートルという現代の数字にかなり近い結果が出ています。

さらに、1962年に国土地理院が3775.63メートルと測定し1993年に大成建設が3774.97メートル、1997年に静岡大学の教授らが水準測量結果に対して重力補正を行い現在の3776.224メートルという数字に落ち着いているのです。

これまでの測量の歴史をご覧いただいても分かるように、その時代時代によって富士山の高さは変化しており、これから高度な測量技術が開発されればまた富士山の高さが変更される可能性があるという訳なのです。

 

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: