は新着記事があります。
2016年8月23日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

カロリー

お酒はカロリーが高く飲みすぎると太るとよくいわれます。

理由としては、「お酒を飲むと肝臓の機能が低下して脂肪が分解されにくくなる」から。

では、そのカロリーはというと、ビールなら大ジョッキ1杯で240kcal、日本酒1合200kcal。

ご飯1杯が160kcalですので、かなりのカロリーになりますが、実はお酒のカロリーの殆どは体内で燃焼され熱として体外に放出されるそうなのです。

これを「エンプティ・カロリー(空っぽのカロリー)」といい、体外に放出される分を差し引くとビール大ジョッキ1杯は89kcal、日本酒1合42kcalにまで下がります。

なんと、蒸留酒のウィスキーなどは、全てがエンプティ・カロリーで理論上はいくら飲んでも太らないのです。

実はお酒で太る原因は、「おつまみ」にあるといわれています。

おつまみには、油で調理したものが多く、アルコールによって食欲も増進しています。

そこでついおつまみを食べすぎて太ってしまう、という訳なのです。

ちなみに、肝臓をはじめとする内臓を悪くすることになりますので、「お酒だけ」というのは良くないので、適度にお酒とおつまみで楽しむ、というのが一番いいようですね。

 

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: