は新着記事があります。
2016年8月12日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

流星群

ペルセウス座流星群、今年は8月12日夜半から13日未明が見ごろのピークとなっています。

さて、流れ星の中でもまとまった数を観測できるものが流星群と呼ばれています。

そして、流れ星の中でも燃え尽きずに地球に落下してきたものを隕石といいます。

マニアにとっては、宝石のような存在の隕石、発見された隕石の所有権にはルールがあるそうです。

まず、隕石が地面にのめり込んでいた場合は、その土地の所有者に隕石の所有権があるので、持ち帰ることはできません。

次に、地面にのめり込まず転がって落ちている場合、第一発見者に所有権があります。

隕石はこれまで日本で50個、世界では約5万個が確認されていますので、もしかしたら発見のチャンスがあるかもしれませんね。

ちなみに、落ちてくるところが目撃されたものを落下隕石、目撃されなかったがその後発見されたものを発見隕石といい、隕石のうち約4万個は南極で発見されています。

 

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: