は新着記事があります。
2016年8月3日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

宮内庁御用達

デパート等で見かけることがある「宮内庁御用達」の看板を掲げているお店。

この宮内庁御用達制度は、明治24年に誕生しました。

皇室の方々に本物の良いものを提供するために作られた制度で、資格を取得するためには、極めて厳格な審査に通らないといけません。

商品の品質はもちろんのこと、家庭環境・病歴・思想歴などを二代二親等までさかのぼって調査されます。

それらの審査に合格して、はじめてその看板を掲げることができるのです。

例えば、和菓子を一つ作るのにも、作業前の入浴や消毒・禁酒・白衣着用などが義務付けられているそうです。

こうして宮内庁御用達は庶民が憧れる日本のトップブランドになった訳なのです。

しかし、いつのころからか多くのニセモノが出回るようになり、残念なことに制度自体は昭和26年に廃止されていまいました。

制度そのものはなくなってしまいましたが、お店としての宮内庁御用達は今でも残っていますので、これからも、日本の丁寧な物作りを継承していってほしいですね。

 

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: