は新着記事があります。
2016年7月5日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

姫路張子

室町時代に中国から伝わり、江戸時代には縁起物やおもちゃとして全国へ広まっていった張子。

特に江戸時代は、不要な紙が豊富ということもあり城下町で盛んに製作されたそうで、姫路も例外ではなく、「姫路張子」として兵庫県指定の伝統工芸品として親しまれています。

さて、姫路張子は、明治初期の姫路城主酒井家の絵師の家系に生まれた豊岡直七がその初代といわれています。

そして、刀鍛冶であった松尾家の息子三人が叔父直七の元で張子の技術を習得し松尾へと受け継がれていきます。

姫路張子の特徴は瓦型を用いる事で、節句の物やおもちゃなどを製作していましたが、特にお面は戦前までは問屋を通し「松尾の面」、「姫路の面」として全国各地へ出荷されました。

現在では、直接製造元であり直七から4代目にあたる松尾隆さんが出荷されており、ご子息と共に伝統を守り続けています。

???????????????????????????????

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: