は新着記事があります。
2016年3月18日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

点字ブロックの日

街で必ず目にする、視覚障害者の方達の安全を守る点字ブロック。

この点字ブロック、世界で初めて採用したのは岡山県立岡山盲学校に近い交差点でした。

1967年3月18日に点字ブロックは設置され、それを記念して岡山県の視覚障害者協会が3月18日を「点字ブロックの日」としています。

さて、点字ブロックの誕生についてですが、安全交通試験研究センターの初代理事長である三宅精一さんが、友人の失明をきっかけに1965年に発案・発明し、歩道・駅・公共施設をはじめ全国に普及していきました。

現在は、視覚障害者方がより安全に外出できるようにと、普通の商店の出入り口付近や横断歩道の手前だけでなく、車道の横断歩道部分にも設置が進んでいます。

hakujou_tenji_block_man

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: