は新着記事があります。
2016年3月6日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

盲導犬

盲導犬、街で一度は目にしたことがあるかと思います。

その盲導犬に周りの人がやってはいけないことがあるそうです。

一つは盲導犬に触ってはいけないということ。

盲導犬はご主人様を誘導しようと一生懸命に頑張っています。

盲導犬が付けている胴輪をハーネスと呼んでいますが、これが付けられている時はお仕事モードに入っています。

そのため、盲導犬に触れてしまうと集中力が低下してしまうので、ご主人様が事故にあうリスクが高くなってしまうのです。

二つめは盲導犬の名前を呼んではいけないということ。

名前を呼ばれると集中力が低下してしまい、これもご主人さまが事故にあうリスクが高くなってしまいます。

そのため、ご主人さまは盲導犬の名前を他人に教えないように心掛けているそうですが、名前を聞かれて断れない方もいらっしゃるようです。

犬好きの方には残念な話かもしれませんが、私たち周囲の人間は盲導犬みかけても名前を聞かないようにする配慮が必要ですね。

 

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: