は新着記事があります。
2015年10月31日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

駅弁

2015年12月1日、フランスのパリで日本の駅弁が販売される予定です。

販売されるリヨン駅は、フランス版新幹線TGVの長距離線が発着する最大のターミナル駅としても有名で、期間限定販売ではありますが、日本の駅弁の魅力をフランスの方にも楽しんでもらおうという訳です。

また、この企画は、過去にシンガポールと台湾でおこなわれ好評だったそうです。

フランスでは、日本食への関心が高く、お弁当も「BENTO」という言葉で浸透しています。

販売される弁当は5種類で、フランスのご当地食材を使った牛肉のすき焼き風煮込みやサーモンの塩焼き、玉子焼き、かまぼこ、煮物など内容は私たちにも馴染み深いおかずの他に、天ぷらやお寿司にオニギリなどもあり、価格は1000円から2000円程度となっているそうです。

さて、ヨーロッパでは、食事は食堂車でするのが一般的といわれています。

座席で食事をとる場合は、サンドイッチ程度の軽いもので、座席で食事をとる習慣はあまりないそうです。

果たして、日本の駅弁はこの文化の違いを乗り越えられるのか、パリの人たちの反応が気になるところではありますが、駅弁といえば、窓の外の流れゆく景色を楽しみながら楽しむもの。

パリの方には、お弁当と一緒に景色も一緒に楽しんでもらいたいものですね。

makunouti

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: