は新着記事があります。
2015年10月26日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

甘柿

甘くおいしい柿、栄養も豊富で健康にも一役かってくれます。

さて、甘い柿ですが、寒い地域では甘柿の品種として植えても、渋い柿ができてしまうそうです。

この甘柿の品種に渋い実ができてしまうのには、気温が大きく関係しているといいます。

甘柿の品種も、実が若いときは渋みがあります。

そして、熟していく過程で渋が抜けて甘くなるのですが、渋みは6月下旬から7月下旬の間に著しく減少し、その後はゆるやかに減少していきます。

その期間の気温が高いほど速くぬけていくという訳なのですが、7・8月の平均気温25度以上というのがその目安となっています。

東北地方や標高の高いところでは、7・8月の平均気温は25度以下のところが多く、そのため柿の渋みが完全に抜けきらず、甘柿の品種なのに渋い実ができてしまいます。

甘柿の主な生産地が西日本に集中しているのはそのような理由があるからなのです。

ちなみに、渋柿の品種を温かい地域に植えると甘い柿ができるのかというと、そのようなことはなく、やはり渋柿のままだそうです。

 kaki

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: