は新着記事があります。
2015年10月13日
投稿者 : 
2ndlife
カテゴリー : 
今日の辞典

ジャガイモ

お芋、国連食糧農業機関によって、食糧危機が高まる現代、お芋の重要性の認識を高めると共に、必要な農業システムの研究開発などを促進する活動がされています。

さて、世界的には、お芋といえば「ジャガイモ」を指します。

原産地は8000年前の南米で、世界各地で作られているジャガイモは7000種以上もあるといわれています。

どうしてジャガイモかというと、世界中で栽培されており、他のどの作物と比べてもより狭い土地から、またより厳しい気候条件下で栽培ができ、成長も早く栄養も炭水化物を中心に豊富に含んでいる、というのがその理由となっています。

しかも、ジャガイモは全体の約85%が可食部で生産効率もよいという訳なのです。

日本でも、ジャガイモのその生産量は年々増加しており、年間1億トン以上の収穫があるといわれています。

今後も開発途上諸国を中心に世界の人口は増えていくと予想されており、安定した食糧供給のために、ジャガイモに大きな期待が寄せられているそうです。

私たちも、世界の食糧事情について目を向けていき、無駄のない食生活を心がけるようにしたいものですね。

540x360xIMG_4237-540x360_jpg_pagespeed_ic_VEw0Lv5FPn

姫路市 高齢者対応住宅 セカンドライフ飾西

全面バリアフリー ユニバーサルデザイン採用

タグ: